HOME » ブログ » 個人事業主の確定申告 » 個人の確定申告で必要な資料は何ですか?
ブログ

個人の確定申告で必要な資料は何ですか?

【確定申告する際の必要書類のご準備について】
個人事業主の全クライアントにノーティスしております。
毎年1月を過ぎると、本格的に確定申告の時期になってまいります。
毎年、所得税及び復興特別所得税の確定申告の提出期限は3月15日(土日の場合3月16日or3月17日)ですが
「遅くとも2月15日までに確定申告の提出を完了させるスケジュール」を毎年予定しています。

これは日本全国の税理士のなかでも特別かつ格段に早い提出スケジュールになっています。
3月上旬~3月15日ぎりぎりで提出するのが一般的と考えられますが、
それよりも1か月も早く終わらせる工程です。

クライアントに確定申告についてのもんもんとした不安と心配を早々に取り除いていただき、
今年のご商売のほうをどんどん集中してやっていただきたいという当事務所の思いがここにあります。

よって、
全てのクライアントに「遅くとも1月31日までに下記のような資料送付をお願い」しています。

ご準備のほど、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

下記①から⑲の必要書類はあくまでも一般的なモノになります。
住宅を購入や売却された場合やご商売のデータ等
個別にご準備いただくモノが異なってまいりますのでお問い合わせください。

■確定申告の必要資料
①生命保険料控除証明書
②国民年金保険料控除証明書
③国民健康保険料の1/1-12/31まで支払った金額が分かる資料
④寄付金控除証明書
⑤地震保険料控除証明書
⑥小規模共済掛金控除証明書
⑦医療費の領収書(家族全員分含む。)
⑧住宅ローン借入金の残高証明書
⑨源泉徴収票(ex.公的年金等、アルバイト・前職の分)
⑩支払調書(外注先から得た報酬の集計表)
⑩株式配当、FX等金融に関する収入の計算書
⑪配当所得一覧
⑫特定口座年間取引報告書
⑬税務署から届く確定申告書書類(1月末あたりに届きます)
⑭売上、仕入、経費等のエクセルデータ
⑮会計ソフトの入力
⑯レシート、領収書いっさいがっさいぜんぶ
⑰金融機関の通帳口座のコピー(or写メ)
⑱クレジットカード明細の原本or(or写メ)
⑲携帯電話の明細の原本or(or写メ)