ログイン
HOME  » よくある事例・ご質問 » よくあるお悩みやご相談事例
税理士事務所から試算表が出て来るのが遅い
一般的な税理士事務所の場合、1週間~1か月程度が見込まれます。

TAXDESIGN ASHIYA/タックスデザインアシヤなら、数日~1週間程度で仕上がります。
状況分析できる的確なアドバイスが無い
確定申告の期限間近になって急な多額の税金を払うことが分かるということがあります。例えば、年1回のみの訪問のケースですと、毎年、確定申告書を提出する月まで納税額が分からず、予想外の税負担となりえます。ギリギリまで支払う税金が分からないのは精神的不衛生にもなります。

TAXDESIGN ASHIYA/タックスデザインアシヤなら、半期(6か月目)や10か月目あたりでおおまかな税金を予測するサービスをご提供しています。
知り合いの税理士に頼んで、お付き合いが長くなり、変更が出来ない
税理士をご紹介いただいた方にも立場上や今後のお付き合いのことを考えて、ご迷惑をかけたり気兼ねすることがあります。
よくあるお断りの仕方は
「親戚、親族が税理士になった(税理士試験に合格した)のでその方にお願いすることにします。」
と今の税理士に伝える方法があります。
税金のことが分かっていないから、問い合わせにくい
実際、税金に関係するルールや会計の専門用語が多く、しかも手続きが難しいです。
何が自分で分かってて何が分からないかも分からないこともあります。
知らないこと・無知の状態は、損や節税になっていないことに繋がります。

分かっていただけるまでシンプルにそして簡単にお伝えするようにしています。
数字が分からないとか論理的に考えるのが苦手とか、
自分ができないところを補ってくれる良い判断をしてくれるいつも納得いく説明をしてくれるようなパートナーをお求めの方は当事務所にご相談ください。
事務処理がおろそかになり、今後のことを考えられていない
税金や会計の事務処理は、実は「何か月か前の過去」の成績簿みたいなものです。
この整理整頓が終わらないから焦りますし、気分もかなり後ろ向きになっているのが現状だと思います。

過去の資料の整理整頓も、お手伝いをいたします。
数か月分の整理整頓ならおよそ1週間内で仕上がります。
税理士の先生と話しにくい
年齢差があって、分からないことや相談事を言いにくいことがあります。
年が近くても、税理士の「先生」に教えてもらう立場なので、余計に聞きにくいことがあります。

税理士業界7万5000人のうちの実に半数が60代以上なのです。(60代となると、経営者は今後の進退を考える時期に差し掛かっています。税理士業界は特異な業界で60代以上の方が多いです。)
2代目経営者の方や20代~40代の経営者からすれば、時代時代の慣習や思考のジェネレーションギャップは埋めようがありません。

税理士事務所は単なるアウトソーサー(外注先)であって、知恵とか知識とか経験に裏打ちされた専門的サービスを提供するサービス業であるという認識から、先生稼業という立場をとったことはありません。
クライアントとは、パートナー・親しい仲間・飲み仲間・遊び仲間・友人・対等な関係と思っています。「上から目線」とは縁遠く、気軽に何でも話せる関係を築けるように努めています。

目に見えないサービスをご提供している以上、人対人のコミュニケーションをより緊密にしたいと考えています。