HOME » ブログ » 法人税 » 申告期限前に本店移転した場合の申告書の提出先?
ブログ

申告期限前に本店移転した場合の申告書の提出先?

2019年4月7日 / 法人税

申告期限前に本店移転した場合の申告書の提出先は?

移転前の場所か、移転した後の(申告時点の)場所になるのかということですが、
法人税法第16条によれば、「内国法人の法人税の納税地は、その本店又は主たる事務所の所在地とする。」とされています。
その法人の本店又は主たる事務所の所在地ということは、移転後の住所の所轄の税務署に提出することとなります。
申告書の提出のみならず、法人税を納めるために使用する納付書も移転後の所轄の税務署が印字されたものを使うことになります。

例えば、12月決算の法人で、申告期限(2月末)より前の1月15日に本店を移転を行った場合、
法人税の申告書の提出先は移転後の住所の所轄の税務署に提出、納付書は移転後の住所の所轄の税務署が印字されたものを使うこととなります。

参考 国税庁HP

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shohi/6617.htm